100均の収納は使えない?キッチンの整理整頓術と片付けのコツ

100均の収納は使えない?キッチンの整理整頓術と片付けのコツ はコメントを受け付けていません。

調理をする人にとって、キッチン収納は使い勝手の上で重要です。
菜箸、お玉やしゃもじ、炒めるためのヘラなどは、引き出しにしまわず、
箸立てのようなものに立てかけて置いたほうが、直ぐ使えて便利です。

使うものを手前に収納する

フライパン、手鍋、各大きさのボールなどは、
バラバラにせず、流し台の真下の収納に100均のスタンドを設置して、
上下に分割しておくなど、目の高さより下に収納する方が、調理をしたいときに直ぐ使えます。
重いものや、かさばるものは、なるべく下においた方が良いのです。

フライパンは垂直に立てたほうが、持ち出しやすいので、
硬くて重いブロック状なもので、立てかけて収納したほうが便利です。

賃貸では、備品や設備に穴を開けた場合、
壁紙の張替えや補修が必要になるため、フックを取り付けたりはしないほうが良いです。
基本的に、壁面を使った収納は諦めたほうが無難でしょう。

100均商品は長持ちしない?

やはり、100円ショップで購入する雑貨類は、総じて耐久性が低いですから、
小麦粉などの粉類、塩、砂糖や調味料類を入れておくなど、
重量としては軽いものを入れたほう良いです。

タッパーの仕様になっており、縦に長ければ量も入りますし、収納も楽です。
流しに引き出しが付いている場合は、缶切りやワインオープナー、
予備のスポンジや小物を並べる低めのトレーを選んで、網状のトレーは避けましょう。
ネットのようになっている容器は、カビが付いたり不衛生になりがちです。

コツとしては、長くて細いものは寝かせて収納、フォークやスプーン等、
重ねると収納が楽なものは、細長い蓋の無い容器に
横置きに垂直に寝かせて収納すると、取り出しやすくなります。

切ったり貼ったりの工作は、最初のうちは良いのですが、耐久性が低いため、必ず壊れます。



一人暮らしの食器類は、全てを最初から揃えないこと

とりあえず、初めての一人暮らしで困るのは、
生活必需品としてどんな物品が必要なのか、イメージできないことです。

調理器具と食器は、壊れる以外は、後から足すばかりなので、
荷物を増やさないコツとして、お茶碗、お椀、皿1枚からスタートすることです。

それに、お茶などの湯のみか、カップが1つだけで充分です。
お客様用などは、来客が来る予定が立ってからで充分、
最初は必要ありません。

食器棚ですが、これは生活力がついて、あった方が便利に感じたら揃えれば良いことで、
1人ないし2人までは、食器を洗った乾燥用のかごから、直接取り出して利用した方が楽です。
家族が増えたら考えるようにしましょう。

100均のかごは強度、耐久性が低いですし、ステンレス製を使った方が非常に衛生的です。
箸やスプーンも必要最小限から始めるべきです。
生活を始めて行くと、料理をする人でも、使う食器の種類は決して多くはありません。

生活しながら徐々に片付ける

「使ったら元の場所へ戻す」、たったこれだけを守れば、大抵は整理がつきます。
始めに自分が把握できる程度の、調理道具、食器類だけで、
それに充分慣れたら、好みで趣向を変えたものを追加すれば良いのです。

厚焼き玉子など作ったこともないのに、専用のフライパンは必要ありませんし、
凝ったムースなど作らないなら、ホイッパーは永遠に出番はありません。

ボールは冷蔵保管の場合もありますし、残ったご飯を入れてラップにくるむときも便利ですし、
これは3個くらい大きさの違う物を用意しておけば充分でしょう。

最初から、100均のケース類を大量に買っても、使うタイミングがわかりませんから、
かさばって困るインスタントお味噌汁のパックとか、細々したもので
整理したいものが出てきてから、準備するのがベストです。

賃貸の場合、メディアでよく取り上げられる「整理術」みたいなものは、
参考ならない場合もあります。

そもそも設計が、少数人の世帯を想定している場合が多いので、
サイズが大きすぎたり、足りなかったりで、
案外、書籍を見てもイマイチ、ピンとこないことも多いでしょう。

100円ショップも、会社が違えば扱う商品も違うので、
いろいろ見て回るのも良いでしょう。

「一度に全てをやろうとは思わない」「少しずつ進めていく」のが、
整頓整理の極意ではないでしょうか。


関連記事

コメントは利用できません。

Facebook

人気ブログランキング