間違えると単なる雑多な部屋に?見せる収納と服

間違えると単なる雑多な部屋に?見せる収納と服 はコメントを受け付けていません。

最近では、洋服もハンガーにかけず、洋裁ようのマネキンに着せて、ディスプレイしたり、アクセサリーをケースには入れず、デパートのショーケースのように、ディスプレイする方も増えてきました。

ワンルームではクローゼットも狭く、かといってタンスを置くスペースもないし、ハンガーにかけたり、箱に入れるだけでは、味気ない部屋のイメージになりますよね。
ただし、見せる収納も気をつけないと、大失敗し、掃除の邪魔になったり、ちょっとした地震で散乱するなど、かえって散らかす要因になります。

ポイントをまとめてみました。

まず、雑誌などは同じファッション誌でも、週刊誌や月刊誌は相応しくないでしょう。
できれば、紙質がゴージャスな、欧米の海外誌が2冊程度あれば良いですが、専用ラックは壁掛けのもので、数冊程度がオシャレです。
カラーアクセントは重要ですが、飾るための本と思ったほうが良いですね。

一般的な文庫本は、大半は押入れや、クローゼットの中のほうが良いです。
次に読みたい本を一冊だけ、窓辺にフォトスタンドの様に飾るのも良いですね。
その際は、ブックカバーを用意して、日焼けで表紙が痛むのを防ぎましょう。
カラーは部屋に合わせて、着せ替えができて便利です。

さすがに、飾り用で買うわけにも行きませんが、煙草などを部屋の中で吸わないのなら、ホコリをマメにとって、冬なら、マフラーとコートなどをスタンドに引っ掛ける方法も良いです。

ハンガーポールとして売られていますが、セレクトショップで使われているようなタイプ1つだけで、これも、とっておきの服を2~3枚にとどめてかけた方がおしゃれですね。
ハンガーを使うなら、ウッド系で、洋服が縦に並ぶようなものが見た目も良いです。

キッチン

余計な置物や花を飾るよりも、カラフルな食器とか、調理器具で、カラーを統一した方が、何気ないカゴに洗い終わって乾燥させる場合も、見た目が綺麗です。

とにかく、洗剤などはシンクの下に置くようにし、使い終わってもそのままにしない方が無難です。
賃貸では、シンクがステンレス、木材の化粧板が白といった場合が多いですから、カラーは3色以内、単色のものを選んで、柄物は1~2品に留めるのが、見た目も美しいです。

ボールなどは、外側がカラーで単色、内側が白のホーローが最良です。
プラスチック製は、食材で変色するのであまり良くありません。
日用品の多くをステンレスで統一するのも、非常にクールで良いでしょう。
清潔感があり、シンクともよく合い、丈夫ですからオススメです。



アクセサリー

窓辺を避けたほうが変色や、劣化を防ぎます。
宝石類は、できればなくさないようにしたいので、身に付ける以外は専用のケース、あるいは宝飾店にある、見た目も美しいケースに収納して、箱を飾るようにすると素敵です。

雑貨屋で見て素敵だと感じても、それは周囲に同じような製品が、数多く陳列しているからで、実際に飾ると、あまりの存在感のなさに、結構、がっかりします。
見た目と実用なら、多少、存在感があったほうが良いのです。

バッグ

高級なものでも、バッグは飾るのを控えたほうが良いです。
革製バッグは、料理のニオイなどを吸収します。
布製でも同じ。
高価なブランドバックは、使い終えたら、手入れをして箱に入れて置くのが良いです。
それが出来なくとも、窓辺におくのは変色しますから避けましょう。

室内に飾る人が時折いますが、その靴は野外で公衆トイレも闊歩しますよね?
 衛生面では、壁に穴を開けてまで部屋に飾る必要はありません。
お店がそのような展示をするのは、あくまでも売るためであり、見せるためではありません。
高いブーツでも、わざわざ靴底を毎日清潔にする手間が面倒なら、お店の真似をすることはないでしょう。

リビング全体

コツとしては、何を飾るかではなく、アイキャッチのあるアイテムの配置にあります。
どんなにおしゃれなポスターがあったとしても、壁一面にベタベタ貼るのは、子供っぽいですし、ハイセンスな1枚がドーンとソファーの前にあるだけの方がオシャレです。

アイテムを買ってから置くのを考えるのではなく、生活に不便のない最低限の必需品、テーブルや、椅子、ソファーなどの配置が決まったら、ここには観葉でも、葉の大きい種類とか、ハンガーは黒で木製のものが似合うなど、アイデアが出てくるのです。

インテリアデザインを、インテリアのお店の中で考えてはいけませんね。


関連記事

コメントは利用できません。

Facebook

人気ブログランキング