服を高く売るコツ!服を高く売るにはどうすればいい?

服を高く売るコツ!服を高く売るにはどうすればいい? はコメントを受け付けていません。

同じ商品だとしても、服の買い取り査定金額を大きくダウンさせてしまう原因が2つあります。

一つ目は、使用感があるという理由です。
シミや破れがある服の買取査定の金額が落ちることはもちろんですが、細かい毛玉や軽微なほつれなどの、使用するとでてきてしまうダメージも、意外と見られています。

これらのダメージは、自分で少し手を加えることで、解消できる場合があります。
毛玉は、糸切り用のはさみで丁寧に除去することで、見違えるように綺麗になります。
ボタンやボタンホールなどの、糸がでてしまっている部分も同様に切りましょう。
くれぐれも服を傷つけないように、注意してください。

古着のシミや汚れ、洗濯によるダメージも査定価格に影響する

また、洗濯によるダメージを防ぐことも査定金額をアップさせるポイントです。
必要以上の伸びや縮み、色落ちを防ぐために、洗濯表示をしっかり確認してから洗うようにしましょう。
お手入れが難しいと感じた場合、面倒でもクリーニングに出すと、ダメージを防げます。

付属品はブランドタグと一緒に保管しておく

二つ目は、付属品が揃っていないという理由です。
これは、せっかく高く売れるアウター類やボトム類にありがちなミスです。

ベルト、フード、ファー、ライナー、レース、ペチコートなどの、取り外し可能なパーツがないと、それだけで査定金額がダウンし、最大半額程度になってしまうこともあります。

これらの付属品は、無くすことがないよう、まとめて管理するように心がけましょう。
ブランドタグと一緒に袋に入れておくと、どの服のパーツか思い出す手間や探す手間が省けて、一石二鳥です。

未使用の洋服のタグはそのままで!

また、未使用の服の場合は、タグはつけたまま保管しておきましょう。
未使用であることの証明となりますので、買取の値段のアップが期待できます。
たとえセールで購入したものであっても、上から貼られたプライスシールは剥がさないほうが良いです。

タグが傷ついてしまうと、価値が下がるため金額も下がる可能性があります。

以上の二点において共通していえることは、日頃の服の管理の仕方が、査定金額のアップに直結するということです。

着ない衣類は2年以内に売る

また、いくら状態がよくても2年以上前の古い服は買い取りしてもらえない可能性が高いです。
いくら有名な人気ブランドの古着でも同じです。

買取してもらえたとしても、値段がグっと下がる傾向にあります。
10円、20円など、タダ同然の値段がついたりするケースもあるようです。
せっかく大切に保管していても、こんなに安い金額で売るとなるとガッカリしちゃいますよね。

できるだけ高く売るためにも、衣替えを機に、来年は着ないだろうと判断した洋服は早めに査定に出すのがベストです。

よく読まれている関連記事

⇒ 服の買取と宅配≪おすすめ・高い≫

⇒ 衣替えで断捨離!出した服を買取査定してもらった


関連記事

コメントは利用できません。

Facebook

人気ブログランキング