断捨離 殺風景【観葉植物や生花】

断捨離 殺風景【観葉植物や生花】 はコメントを受け付けていません。

断捨離をするとき気をつけたいのは物を減らしすぎて殺風景な部屋を作ってしまうこと。
断捨離というと物を捨てる、減らすということにばかり焦点を合わせてしまいがちですが、
本来手放して捨て去りたいのは物自体というより物に執着する心の方。

物を捨てることが目的ではないということを頭に入れておきましょう。
捨てなきゃ減らさなきゃと必死になりすぎて「やっぱりあれ捨てなきゃ良かった」と
後悔や執着心を呼び起こてしまっては本来の目的から遠ざかってしまいます。

断捨離で目指したいのは毎日ハッピーな気持ちでいられる心を育てること。
そういった心を育むために毎日過ごす居住空間を快適な場所に
カスタマイズするプロセスの一環に不用品の整理があるということです。



ハッピーライフを送りたい!居心地のいい空間

殺風景と感じる部屋で日々を過ごしていては
なんだか寂しくて悲しい気持ちになってしまいますよね。
ハッピーと逆行するものは断捨離ではNGです。

でも、本当に要らないものしか捨てていないのに
なんだか部屋がガランとして寂しくなってしまった、ということもあるかもしれません。

そんな時は色を効果的に使うのがオススメです。
カーテンやカーペット、ベッドカバーなど面積の広いものを明るい色にすると、
たとえ物が少ないく空間が目立つ部屋でも殺風景で寂しい印象にはなりません。

壁に明るい色調のポスターを貼ったり照明を工夫するのも効果的ですし、
観葉植物や生花を飾れば生命のパワーが空間に活力を与えてくれます。

いかに物を捨てて減らすか、ではなくどうしたら居心地のいい空間になるか、
を意識して有意義な断捨離ライフを過ごしてみてはいかがでしょうか。


関連記事

コメントは利用できません。

Facebook

人気ブログランキング