断捨離 捨てるコツ【処分の効果】

断捨離 捨てるコツ【処分の効果】 はコメントを受け付けていません。

断捨離における捨てるコツとは、事前にルールや決まり事を作っておく事です。

ここでは、二つのルールを紹介します。

一つ目は、「1年以上使っていない物は処分する」というルールです。
これはものすごく効果があります。なかなか捨てられなかった、お気に入りだけど全然着ていない洋服など、
このルールに当てはまる事で、一気に処分しようという気持ちになります。

しかし、処分するとなると、急に名残惜しくなってしまうものです。
でも、使っていないから処分しなければならないというのは、
逆に言えば、使ってしまえば処分しなくていいという事です。

このルールのおかげで、今までなかなか挑戦出来なかった洋服や靴に
活躍の場を与えることが出来るようになります。



迷い箱の設置と不要品の処理

二つ目のルールは「迷い箱」です。
これは、どうしても処分するかどうか悩んでしまう物を一旦入れて保留にしておくための物です。

これが有ると無いでは、作業の安心感が全然違います。
1年以上使ってなく、使うのもなんだかなと思うものであっても、捨てられない時があります。

そういう時は、迷い箱を活用して下さいね。
迷い箱に入れて1ヶ月ほど経ったら、もう一度見直してみて、
必要な物は元の場所に戻し、不必要な物は処分するようにしましょう。

断捨離は難しいと思っている人もいるかもしれませんが、
こういったコツを掴んでしまえば、案外楽しく出来るものです。
また、一気にやろうとせず、1日に1スペースだけやるなど、
ゆっくりしていくことが秘訣ですよ。


関連記事

コメントは利用できません。

Facebook

人気ブログランキング