断捨離 年賀状【整理】

断捨離 年賀状【整理】 はコメントを受け付けていません。

年賀状はメールで済ます、そんな風潮が当たり前になってきた現代、
それと反比例して葉書で届く年賀状の高感度やありがたみは増しているように思う。

元旦の朝にポストをのぞく時のあのなんともいえない
緊張を帯びた期待感は大人になった今でも変わらない。

だが当然ながら迎えた新年の数が増えればいただいた年賀状の束も増えていく。
これが意外と厄介というかそこそこかさ張る上に年々増えていくものだから
ある程度の節目節目で断捨離せざるをえないのである。

人からもらった手紙というのは実に捨てにくい。
嫌いな相手ならいざしらず、年賀状をいただくくらいだから
差出人はみなそれなりの交流やつながりのあった人たちなわけで。

それを古新聞を整理するように
ポイポイ簡単に捨てられるはずもないのが人情というものだろう。




昔の思い出に浸る!作業が進まない

でももう引き出しがいっぱいだよ、どうすんの?
そうだよね、やる時はやらなきゃね、というわけで重い腰を上げるのだけれど、
差出人の名前やメッセージを見ては
ついついノスタルジーに浸ってしまったりで肝心の作業が遅々として進まない。

「この人とはもう会うこともないからいっか」
「あ、そういえばこんな人いたな、どうしてるんだろう?」といった具合である。

かと思えばケンカ別れに近い形で
疎遠になってしまった友達からの年賀状がでてきたりすると
なんとなくしょっぱい気持ちで切なくなったりと実に忙しい。

時流からするに年賀状離れは今後も加速していくだろう。
でもなくなることはないように思う。
そして自分もたとえわずかな量であってこれからも年賀状を出し続けていくだろう。

たとえ何年後かに捨てられることになったとしても、
その時自分を思い出して懐かしんでくれる人もいるかもしれないから。


関連記事

コメントは利用できません。

Facebook

人気ブログランキング