断捨離 台所【実践方法】

断捨離 台所【実践方法】 はコメントを受け付けていません。

毎日食事を作るために使っている台所。
よく見てみると使っていない物が置いてありませんか?

近頃は料理の便利グッズとして、様々な物が数多く出回っています。
電子レンジでご飯が炊けるグッズや
ジャガイモの皮が簡単にむけるグッズ等、種類が豊富にあります。

便利グッズがあるおかげで、家事が楽になった物もあるでしょう。
でも、ちょっと待って下さい。

今持っている全ての道具はきちんと役に立っているでしょうか?
便利そうで買ってはみたものの、逆に使う手間がかかってしまった、
もしくは一回使ったら飽きてしまったという物はありませんか?

そういった物が台所の一等地を占領して、台所での作業を妨げているかもしれません。
料理に手間取る、もしくは台所が窮屈に感じる時は断捨離を実践してみましょう。

方法は簡単です。
まず、台所にある食器や調理器具等全ての物を外に出します。

そして、普段使う物、使わない物、たまに使う物や
捨てたくない物の3つに分けましょう。




一通り分けたら、たまに使う物や捨てたくない物を再度検討します。
たまに使う物の頻度が、年1、2回ならば、持っていても邪魔になってしまうので、
いらない物として処分しましょう。

捨てられない物も、本当に捨てられない物なのかよく考えて再度分別します。
この際、少しでも多くの物を捨てられるようにしましょう。

使っていない調理器具は処分

一通り分別し終えたら、いらない物を捨てます。
これでいらない物の処分が全て終わりました。

後は、頻繁に使う物から順に棚に戻していくだけです。
物を戻していく際、小さな物はカゴに入れて戻すときれいに片付けられます。
また、たまに使う物や捨てられない物はまとめておき、
ある一定の期間が過ぎても使っていなければ、まとめて処分しましょう。

断捨離を終えた後、いらない物が占領していた空間が解放され、
快適に料理ができるようになったと思います。

物がある利便性より、物がない利便性の方が上であることに気づければ、
これ以上物が増えることはないでしょう。
これで毎日快適な生活を送ることができるはずです。


関連記事

コメントは利用できません。

Facebook

人気ブログランキング