断捨離 からっぽのへや≪ゆるりまい≫

断捨離 からっぽのへや≪ゆるりまい≫ はコメントを受け付けていません。

断捨離をして、空っぽの部屋を手に入れた人がいます。
その人は、ゆるりまいさんと言います。

ゆるりまいさんは、あの、有名な「わたしのウチには、なんにもない。」
の著者でもあります。

彼女は自分のことを捨て変態と呼びます。
それぐらい物を捨てるのが好き好きで、快感だそうです。

さて、どのようにして”捨て変態”は誕生したのでしょうか?
彼女は、いわゆる汚屋敷(とても物がたくさんあり、綺麗ではないお家のことです)で育ちました。

家族の方達が片付けがとても苦手だったそうです。
しかし、ある時このままではいけないと思い、思い切って物を捨ててみたところ、
とても気持ちが良かったとか。

それ以来、”捨て変態”と化したようですね!
今では、片付けに熱中するゆるりまいさんや空っぽになった部屋を見て、
片付けが苦手だった家族の方達も片付けをするようになったとか。




片付けに熱中!空っぽの部屋

やはり断捨離は感染するんですね!
今はまだ断捨離を傍観するだけの家族に呆れているあなた、安心して下さいね。

断捨離は感染します!
さて、ゆるりまいさんですが、彼女は汚屋敷で東日本大震災を体験しており、
その際に大量の物は凶器となることを身を以て知ったそうです。

以来、彼女は防災にとても気を使っており、
寝室にはベッドだけ(ティッシュすらありません!)だとか。

また、インテリアといった物は無いですが、
災害時に必要な食料や懐中電灯等々はきちんと備蓄しているようです。

同じ断捨離をする者として、見習いたい姿勢ですね。

合わせて読みたい関連記事

⇒ 衣替えで断捨離!出した服を買取査定してもらった

⇒ 服の買取と宅配≪おすすめ・高い≫

⇒ ZOZOTOWNの買取の評判【売ってみた口コミ】


関連記事

コメントは利用できません。

Facebook

人気ブログランキング