断捨離 うまくいかない【実践方法】

断捨離 うまくいかない【実践方法】 はコメントを受け付けていません。

いざ断捨離を始めたもののうまくいかないという事態になったことはありませんか?

断捨離をしている環境にもよると思いますが、
自分の空間をしているにあたってはまず、
自分で「必要」「不必要」の判断をつけられない方がいると思いますが、
できなくて当たり前です。

人間は物への執着があるものですから、仕方がないことだと思います。
ここでしっかりとコツを掴むことが大事になってきます。

① 必要、不必要を一分以内に決める。
② 必要な物にはしっかりと住所という指定席を決めてあげること。
③ どうしても捨てられない物は、期限を設けてまた断捨離を決行する。

こうすることによりしっかりと区別していけると思います。




必要なものだけ残す方法

ここで、「どうせ後で使うだろう」という後でという考えを捨てることです。
今必要かという部分が大事になってきます。

このことを頭に入れて行えば
必然的に「必要な物」はわかってくると思います。

私が行う際は思い出に浸る時間を設けずに、
その日のうちに終わらせる方法でしています。

だからこそ、一度に行う場所は一日一か所ずつにしています。
そうすることにより、いらない物もその日のうちに処分するなり
リサイクルするなりの決断ができ、残しておく必要がないからです。

一度にたくさんの物を断捨離しようとすると、
途中で中断したりと中途半端なまま終わって、
結局不必要な物の中からまた必要の物のリストに移動してしまうという事態にもなります。

気になった部分からでもいいと思います。
全てを一度におわらせずに出来る部分からコツコツと行い、
しっかりと住所を決めてあげることにより断捨離も進むと思います。


関連記事

コメントは利用できません。

Facebook

人気ブログランキング