断捨離で服を10着以下にする?そんなの無理だから100着以下に抑えてみた

断捨離で服を10着以下にする?そんなの無理だから100着以下に抑えてみた はコメントを受け付けていません。

服を断捨離する際に目安となるのは10着以下・・・というのを見かけますが、女性でお洒落を楽しむのであれば、さすがに10着は少な過ぎますよね。私には到底無理な話です。

一人暮らしの頃から結婚して今に至るまで、4回の引っ越しを繰り返している私ですが、若い頃は断捨離のダの字も意識していなかったので、引っ越しの度に手持ちの洋服を全て梱包して持ち運んでいました(汗)もう絶対に着ないであろう衣類まで、何の迷いもなく引越し先に持ち込んでいましたね。

引越の度に捨てられない服が山積みに

捨てることはなくても、服って必ずシーズンごとに買っちゃうんですよね。そうなると、ドンドン増えていくのは当たり前の話。今は一戸建てに住んでいて収納スペースもまぁまぁありますが、さすがに20代の頃からの古着を全て収めるだけの収納はありません。当然、溢れかえります。そこで初めて「断捨離」なるものにチャレンジしました。

正確に枚数を数えた訳ではありませんが、Tシャツやスカート、コート類など全てひっくるめて500着以上はあったのではないかと思います。我ながら酷い状態です。

もう何年も前のものはもちろんのこと、1年前に買ったもので、絶対着ないだろうと判断したものは片っ端から捨てていきました。
ゴミ袋、何袋分になったでしょう。。。燃えるゴミの日も当然持ちきれないので、車でゴミステーションまで運びましたよ(笑)



40着を手元に残す

結局、手元に残したのはオールシーズンで40着くらい。これでも、それまでの私にしてみれば大進歩です。あぁ、スッキリした~。と思ったのと同時に、なんとなく寂しいなという気持ちも湧いてきました(;´Д`)

基本的にお洒落が大好きなので、減らした反動からか、しばらくはネットで洋服を買い物しまくり。さすがに500着も買いませんでしたが、あっという間に60~70着くらいには増えました。

結局、増えたんかい!って突っ込みが入りそうですが、私としてはこれくらい手持ちの衣類があってもいいかな?と思ってます。むしろそれくらいないとお洒落の幅が広がらない・・・減らしてみて思ったのが、100着以下に抑えればいいか♪ということです^^
人それぞれなので、これでは多過ぎるって言われるかもしれませんが、多いか少ないかはその人が判断することだと思います。私はこれで充分スッキリしました。

そんな訳で、今も定期的にいらない服を見直しては捨てて、また新しいのを買って・・・の繰り返しですが、今までみたいに溢れ返って困るほどの量に増えることはありません。一度捨てる勇気が持てると、その後は何の迷いもなくズバっと捨てられるようになるから不思議ですね。

宅配買取サービスで売る

捨てるといっても、全てを捨てたわけではなりません。
ブランド古着で少しでも売れそうなものは、ネットの宅配査定に出しました。
無料で利用できるところがたくさんあるので、とりあえずそこから良さそうなショップを厳選して査定に出し、売れるものは売りました。

あまりに年数が経過して古いものになると値段がつかなかったりもするのですが、比較的新しいモノなら思った以上の価格がつくこともあって、WEBの査定サービスは侮れません。

⇒ 無料で利用できる服の宅配買取サービスはこちら

ノーブランドやファストファッションはウルウルで買取

大量に服を捨てた私ですが、最近になってノーブランドやファストファッションの古着を買い取ってもらえる宅配買取サービスを見つけました。

ウルウルというお店なんですが、ユニクロでもしっかり値段を付けてもらえるんですよ。
ちなみにGUはどうなのかというと、こちらは1点ずつの査定は難しいみたいで、まとめて何点で〇〇円!といった感じになります。

公式サイトに記載されているメーカーの服なら高額が期待できます。
逆にサイトに記載がない、かなりチープな服はまとめて大量に送るのがいいと思います。
量が多ければ多いほど、お値段がつきやすいみたいですよ。
⇒ ウルウルの買取強化アイテムを詳しく見る


関連記事

コメントは利用できません。

Facebook

人気ブログランキング