整理整頓のアイデア【職場や部屋】

整理整頓のアイデア【職場や部屋】 はコメントを受け付けていません。

整理整頓は苦手、という方も少なくないのではと思います。

インターネットや本などで取り上げられることの多い整理整頓術。
専門家のアドバイスから一般の方の職場や自宅部屋での実例集など多方面で役に立つアイデアが紹介されています。

でも元々整理整頓て何?という基本的なことを考えてみたいと思います。

整った状態に片づける

まず普段何気なく使っている「整理整頓」という言葉、みなさんは正しく説明できますか?
似たような単語が二つ並んでいますが、実はそれぞれ違いがあり言葉が並んでいる順番にも意味があるのです。

「整理」はきちんと整えるだけでなく不要なものを取り除くという意味があります。
つまり要らないものは捨てましょうということ。

そして「整頓」は整った状態に片付けること。
従って「整理整頓」はただあるものをきちんと並べるだけでなく、要らないものをなくしてからきちんと整えて配置する、というプロセスが必要なのです。

不要なものを減らす

「単にきちんと片付けることでしょ?」と思っていた方も多いかもしれませんが、まず要らないものを減らさないことには様々な収納アイデアも生きてこないということですね。

「整理」で要らないものをなくしたら次は「整頓」ですが、こちらも見た目をきれいに並べるだけでは不十分。
見た目だけでなく機能や利便性を兼ね備えて配置されていることが重要です。
一見整っていてキレイだけど使いにくいとあっては整理整頓のメリットが感じられません。

そして忘れてしまいがちなポイントが「使ったら元の定位置に戻す」ということ。

要らないものをなくす、使い勝手良くきちんと整える、使ったら元に戻す、
がすべて整って初めて色々なアイデアが生きてくるのではと思います。

本来の整理整頓の意味をふまえ、ご自身のアイデアを生かして職場や部屋を居心地のよい空間にしてみてはいかがでしょう。


関連記事

コメントは利用できません。

Facebook

人気ブログランキング