上手な服の収納術とは!?整理整頓と片付けのコツ

上手な服の収納術とは!?整理整頓と片付けのコツ はコメントを受け付けていません。

引越しなどで、難儀なのが実は洋服です。
荷解きの時によく分かるかと思いますが、春物、冬物、夏物など、振り分けるだけで大変なのは、特に女性では思い当たるのではないでしょうか? 

流行に従えば必ず増えるものでもあります。
捨てるにしても、資源ごみで指定日にしかるべき処理で、出さないと業者は回収してくれません。

ひとまとめにしておいたのでは、衣類は傷みますから、日頃からの整理が重要なポイントになります。

冬物をどうするかで、収納は決まる

冬物は、ダウンジャケット、ダウンコート、丈の長いものが多く、折りたためない生地も多いです。
重ね着で着る種類も多く、整理整頓の際には苦労するものです。

収納はまずこの冬物をどうするかです。
クローゼットがあるなら、冬物からかけて、シャツなどは折りたたむ癖を日頃から身につけておくと、移動も簡単ですし、引越しで振り分ける際も、ダンボールにそのまま梱包できます。
丸めたり、脱ぎ捨てた状態よりも、折りたたんだほうがスペースの節約にもなりますね。

衣装ケースは、あまり使えない

衣装ケースにすべての衣料を入れたほうが、効率的で、限られた収納スペースを有効に使えると、お考えの方もいらっしゃるかと思います。
普段から、着の身着のまま寝たり出かけたりするのなら、それでも構いませんが、衣料を取り出す度にひっくり返す様に探していたのでは、衣服は擦れてしわくちゃになり、格好の良いものではありません。

大きめの衣装ケースは、横に並べる分には取り出しやすいのですが、上下で積み重ねると、一番下を取り出しにくいため、普段の使用では、やはりあくまでストック用です。

箱全体をくまなく埋め尽くしてしまうと、防虫剤の効果も低く、押し入れを効率良く使うために、適度な大きさを見つける必要がありますから、よくある半透明な箱型衣装ケースは日常使用では、工夫しないと使いづらいのです。



タンスは小さめでも、あったほうが良い

タンスでも、引き出しタイプであるなら、引き出しの上下を入れ替えるだけで、夏物、冬物など振り分けることができます。
靴下や、下着類は小さな引き出しに収納など、単身者でも1つあるだけで、かなり重宝します。

タオルのストックなども、多めにとっておいて、衣類の隙間に挟んでおけますし、押入れに入る程度の樹脂製のタイプなら、場所も取りません。
下着類は小さく丸めても問題ありませんし、靴下も、販売しているような4つ折り状態であれば、かなり収納できるでしょう。

売って得するには、管理が大事

ほとんどの人が、転売できない保管方法で管理しているため、見た目は綺麗でも売り物にならないと、リサイクルの買取りでは弾かれているそうです。

ブランドバッグでも元箱を処分し、クローゼットに潰れた状態でそのままにし、夏の冷房、冬のエアコンの乾燥で、ガチガチに劣化し、結果として何の価値もないとか、よくある話です。

タンスがある場合、今日は2段目を整理しようと思えば、いつでもできますが、衣装ケースに投げ入れた状態では、それが5箱もあったら、何時間かかるか分かりません。

コンパクトに収納する工夫はもちろんですが、クローゼットのコートの下、ベッドがあれば、下のスペースなどを有効活用し、クローゼットには引き出し付きのシャツ入れとか、ベッドの下部には、薄い収納箱を仕込んで、下着や部屋着を入れておくなど、日常使うものと、外出用の衣類を賢く分ける事が重要です。

処分するときは、分類された箱から見ていけば、効率よく作業を進めることができます。


関連記事

コメントは利用できません。

Facebook

人気ブログランキング