ミニマリストと運動【生活スタイル】

ミニマリストと運動【生活スタイル】 はコメントを受け付けていません。

私たちの何倍も普段から運動をしているように見えるトップアスリートたち。
けれど、実際には、彼らはかなりのミニマリストであって、
必要最低限の運動しかしていないのだと言います。

逆に言えば、少なくともあの位は頑張らないと、
トップアスリートとしての地位を確立出来ないという事なのでしょう。

ならば、我々も同じだけ努力をすれば、彼らに負けないスポーツ選手になれるのか?
あるいは、勝てるのかというと、必ずしもそうとは限っていません。

それより何より、それだけの運動量を確保するだけの時間と体力を得るために、
まずは日々の生活スタイルをミニマム化しなければならないでしょう。




トップアスリートの環境

ミニマリストというのは、必要最低限の条件の中で生活するというものですから、
仕事も勉強も家事も、ミニマム化する事そのものは比較的容易です。

極端な話、勉強なら、学校で授業中のみでOKという事になって来るでしょう。

仕事だってそう、勤務時間が9時から5時までと定められている会社なら、
その間だけ働く事が真のミニマリストであるともいえるのです。
ですが、現実問題として、それを毎日続ける事が可能か?

また、継続は出来たとしても、それで本当に目標の大学に入れるのかとか、
生活を維持して行けるだけの所得が得られるのかと言えば、実に微妙ですよねぇ。

こうした事を考えると、やはりトップアスリートたちは、
それなりに自らにあったミニマリストになれる環境にあるという事で、
それはとても恵まれた話なのです。

ただ、そういう環境を獲得した裏側には、
やはり我々が想像を絶するような努力があった事は間違いないものと思えますね。

身体のシンプル化

近頃、ミニマリスト運動というのを叫ぶ経済学者や人類学者などもお目見えして来ましたが、
果たして、自分自身の生活を今、完全なるミニマム化したところで、どれだけの意味があるのか?

それを考えずに洗脳され、いきなり最小限主義者に徹するというのは、
かなり危険な行為であろうと言えます。

確かに、不必要な物を持たない、不必要な事はしないというのは、
実に理想的ではありますが、それに特価したために、
必要な物まで失ってしまうようでは意味がありませんからね。

一先ず、本気でミニマリストになりたければ、本当に無駄に使っている時間を見直し、
調節する事で、僅かでも時の空間を作り、軽い運動をしながら、
体の余分な脂肪を落とす事から考えてみるというのが妥当なのではないでしょうか。

そう、きっと多くの方が、身体のシンプル化をしないといけないはずですよ。


関連記事

コメントは利用できません。

Facebook

人気ブログランキング