ミニマリストと女性のバッグ【服や財布や部屋】

ミニマリストと女性のバッグ【服や財布や部屋】 はコメントを受け付けていません。

男性は、外出時に鞄を持たないケースも多く、
財布と鍵と形態はポッケに入れておけば
OKというスタイルに徹している人は少なくありません。

男はみんなミニマリスト

というのも、メンズのボトムスは、ポケットが充実していて、
実に機能性に優れているからです。

そういう意味では、男はみんな多少なりとも
ミニマリスト主義なのかも知れませんが、それに対し、
女性は必ずと言っていいほど、バッグを持ち歩きます。

その背景には勿論、レディースの洋服には、ポケットのない物も
珍しくないというのもありますが、財布や鍵の他、傘や化粧品など、
嵩張る物を多数持ち歩きたいという部分が大きいという事があるのでしょう。

しかも、バッグもファッションアイテムのうちとばかりに、
行き先やコーデによってトートにしたり、ショルダーにしたり、
ポーチにしたりと使い分けるため、部屋には様々な形状のカバン類が
ごろごろしているという方は実に大勢いらっしゃいますよね。



基本は手ぶらでお出かけ

女性は手荷物が多いと思われがちですが、ミニマリストに徹していれば、
手ぶらでお出かけというのが基本で、ポッケの少ない服は着ないし、
ポケットに入らないものイコール、不要なものという考え方が確立されているのです。

例えば、近所のコンビニやスーパーに買い物に行くだけなら、
財布と鍵だけ持ってでれば十分!

まあ念のため、携帯はあった方がいいとしても、
なんで化粧品や雨が降りそうにもないのに折りたたみ傘がいるの?
日焼けが気になるのなら、帽子を被ればいいだけでしょうと言い切るのがミニマリスト。

財布は小さく、バッグは大きくが特徴

基本的に何でも吹くのポケットに入れて持ち歩くのがミニマリスト主義者たち。
従って、彼女たちの愛用している財布は、薄くてコンパクトなのが主流となっています。

確かに、今のご時世、クレジットカードと電子マネーがあれば、
現金がなくても困らないような文明社会ですから、
逆に、分厚い財布にお札や小銭を沢山入れている方が何かと危ないかも知れません。

そもそも、必要最低限の物以外買わないのがミニマリストですから、
多額のキャッシュなど無用であると言ったところなのでしょう。

その一方で、鞄については、大は小を兼ねるの観点から、
比較的大きめのトートやショルダーを準備し、それで全てを賄うという方が多く見られます。
つまり、小さなポーチやハンドバッグがない事で、部屋が散らからないのです。

ただし、一つの物を徹底的に使いこなすには、
それなりの機能性があって、丈夫な物でなければなりません。

そのため、彼女たちはみんな、買う時にはしっかりと吟味し、
良質な物を思い切って買うという強い意志と精神も持ち合わせている訳で、
決してケチではないという事を知っておきましょう。

合わせて読みたい関連記事

⇒ 衣替えで断捨離!出した服を買取査定してもらった

⇒ 服の買取と宅配≪おすすめ・高い≫

⇒ ZOZOTOWNの買取の評判【売ってみた口コミ】


関連記事

コメントは利用できません。

Facebook

人気ブログランキング