ミニマリストと人間関係【ミニマム化したい!】

ミニマリストと人間関係【ミニマム化したい!】 はコメントを受け付けていません。

不要な物は一切持たないという必要最小限主義者、
それがミニマリストです。

そうなれば当然、人間関係のミニマム化をしたいと思われる方は少なくないでしょう。
そう、物を捨てるというのは、自分自身の意思で容易に出来ますが、
人との繋がりを断ち切るというのは、相手の意思も大きく関わって来ますから、
そうおいそれとは行かないものなのです。

特に、家族や親戚、それに仕事上の付き合いやご近所さんというのは、
切りたくても現状、切れないという部分もあって、
人の断捨離というのは、最も厄介だと言っても過言ではないでしょうね。
でも、それに成功すればきっと、一気に身軽になれそうではあります。



ホームレスをたとえに出すと!?

ホームレスが究極のミニマリストだと言われる大きな理由の一つに、
単に物を持たないのではなく、大切な人間関係も
全て断捨離した上でそこにいるという部分が大きいでしょう。

そのため、面倒を見てくれる人もいない代わり、
面倒を見なければならない人もいなくて、実に身軽だという訳です。

しかし、多くの人は、特に家族との縁は断腸の思いで断ち切った事を認めていて、
出来る事なら今でも、親や子供に会いたいと思っている人は圧倒的多数!

そこに妻や夫という言葉があまり出て来ないのは、
やはり血縁が切っても切れない人間関係を示しているものと思われます。

しかし、彼らのこうした話を聞いていると、果たして、
そこまで究極のミニマリストになる事を本当に望んでいたのだろうか
という疑問も沸いて来ますし、身軽になれるどころか、
一生心の片隅に重たい物を持って生きているのだという事も分かりますね。

必要最低限のラインを決める

本気でミニマリストになりたければ、人間関係についても、
自分にとっての必要最低限のラインを定める事はポイントです。

そして、それはまず家族、既婚者なら、連れ合いや子供は
絶対に断捨離出来ない存在だという人が圧倒的多数でしょう。

ところが、特に男性の場合は、それを守るためには、
経済力が必要で、そのためには仕事上の付き合いも捨てられないという事になりそうです。

そうなると、嫌な人間関係を断ち切るべく仕事を辞め、
自由の身にというのも悪くはありませんが、
それが本当に今の自分にとっての正当なるミニマム化なのかというと、どうやら微妙!

それに、いざミニマムライフを始めると、本当は必要な時に必要な物がないという事で、
人に助けを求めなければならない事も多数出て来ると言います。

そこで、経験者曰く、やっぱり人間関係は大事!
それがあるからミニマリストは生きられるのだそうですから、
大切にすべき存在は、思いの外多いのかも知れませんね。


関連記事

コメントは利用できません。

Facebook

人気ブログランキング