ツインソウルの特徴と見分け方

ツインソウルの特徴と見分け方 はコメントを受け付けていません。

近年噂の「ソウルメイト」と「ツインソウル」。

始めて聞かれた方は、「何だ、それ? 靴の種類か形状か??」なんて思われるかも知れません。

あるいは、流行りの還流関連の何者かではないかという発想もありそうです。
しかし、残念ながら、いずれも全く異なります。

ソウルメイトとツインソウル

「ソウルメイト」と「ツインソウル」は運命の人と呼べる存在で、切磋琢磨しながら成長して行く過程で出会う人だと言われています。

ただし、いずれも「soul(ソウル)」、魂の人で、すでに前世で出会っていて、来世でも再び出会うであろうという人です。

さらに、全社は集団で、後者は、その集団の中のたった1人です。

もっと分かりやすく言えば、ソウルメイトは1つのクラスで、ツインソウルは学級委員とでも言ったところでしょうか。

多くの学校では、1年1組から3組までというように、1学年を30人前後の単位で複数のクラスに分けられています。
そして、球技大会や合唱コンクールなど、様々なイベントにクラス単位で参加し、一丸となって頑張るのが一般的でしょう。

しかし、そうしたイベントで好成績を残すには、リーダーを決め、常にまとまりを持たせる事が重要となります。

そこで、学級委員やクラス委員と言った代表者を置くところが圧倒的多数! 
しかも、多くの学校の学級委員は、男女それぞれ1名ずつ存在します。

そう、この同じクラスのいわゆる同級生がソウルメイト、学級委員2人組がツインソウルの関係です。

ですから、ツインソウルはソウルメイトの1人である事は間違いないと言えます。
ただし、どんなに大勢のソウルメイトを持つ人でも、必ずツインソウルがいるとは限っていません。

何故なら、ツインソウルは、双子という意味の「twin(ツイン)」にsoulを付け加えたもので、読んで字のごとく、双子の魂でなければならないからです。

生まれる前に行き別れとなった魂の片割れ

よく女性は男性に対し「女心が分かってない」と言いますが、その一方で、男性もまた「男の気持ちが分かってない」などという不満を持っている事は珍しくありません。

しかし、これは、男性は男の魂しか、女性は女の魂しか持って生まれて来なかったのですから、異性を理解し切れないのは当然の事だと言えるでしょう。

でも、男性は女心を、女性は男心を容易に把握出来ればどんなに楽しくて素敵な事か!?
皆さんは真剣に考えた事ありませんか? 

実は、神様は、はるか昔に、真面目にこの事を考えました。
そこで、人の魂は必ず2分割する事としたのです。
そして、男性の魂の片割れを別の女性の肉体で、女性の中の魂の片割れを別の男性の肉体で修行させる事にしました。

修行の目的は主に、異性が持つ愛と憎悪を学ばせる事です。
そうして、互いが成長し、成熟した時に再びドッキングさせる事で、男であっても女性らしい繊細な力を、女性であっても男らしい逞しいパワーを発揮出来るようにと考えられました。

そう、この生まれる前に生き別れとなった魂の片割れこそが「ツインソウル」です。




分身との再会

という事で、この世には必ず自分のツインソウルを持つ異性が存在すると見ていいでしょう。
そして、その持ち主は、分身的存在です。

ところが、人間の愛憎というのは実に奥深く、そう容易に悟りを開けるほど深く学べるものではありません。

そのため、一代で十分なレベルに達する事は不可能だと言われています。
しかも、時やところ変わればなんとかで、様々な時代と場所で学びを積み、ようやく一体化して価値あるレベルにまで達するのです。

そこで、旅立った魂は、何度となく様々な土地の様々な人の肉体に生まれ変わりながら修行を続けて行きます。
そして、互いがあちらこちらを点々としているうちに、偶然再会した時、ツインソウルの完成となる訳です。

しかし、このように、双方が広い世界を長い時間旅している訳ですから、一生の間に出会える可能性は決して高いとは言えません。

たまたま、本当にたまたま両者が今の時代に、同じ日本の生活圏内にいて再会できるというのは、まさに奇跡のたまものであると言っても過言ではないのです。

衝撃の出会い

ツインソウルは、もともと一つの魂でした。

そして、互いが修行し、成長して再会するものですから、一般的なソウルメイトとは異なり、直感的に察知出来る事は珍しくないと言われています。

なぜなら、前世に生き別れになった双子の兄弟姉妹と遭遇するのです。
身体は、通常の運命の人との出会いとは似ても似つかないほど大きな衝撃を得るのが一般的だからです。

例えば、初対面の人といきなり肌が触れた場合、多くの方は大きな抵抗を感じられるでしょう。
仮に相手が好みのタイプであっても、肌が触れ合うという実感は否めません。

けれど、もしその相手がツインソウルなら、違和感を全く感じないのです。
何しろ、自分の分身と接触した訳ですから、自然に受け入れられるのは当たり前! 
しかも、互いが磁石のように引き寄せられ、合体せずにはいられない状況に陥ります。

そして、相手の感情や思考が分かってしまうのです。
そう、男性は長年知りたかった女心が、女性は男性の気持ちが分かるという事で、これは、一度その存在が確認出来れば、以降、少々離れたところにいてもその感覚は余裕で掴めると言われています。

そのため、自分は今、テレビのお笑い番組を見て、ゲラゲラ笑っていても、相手が感動的なドラマを見て、わんわん泣いていれば、突然、目から涙が溢れ出し、大泣きしてしまう事もあるのです。

特徴と見分け方

しかし、一見、意気投合しそうなツインソウルですが、実際にはなかなか、そうはいかないという現実があります。

なんと、見た目はもちろん、性格的にもあまり好きになれないという不思議な特徴も持ち合わせているのです。

考え方が苦手、趣味嗜好が嫌という感じで、これはある意味、自分の短所を認めなければならない事に対する抵抗から現れる症状だと言えるでしょう。

何と言っても相手は自分の体の一部です。
見た目も中身もそっくりなのは当たり前! 
そうなると、長所も短所も似ている訳です。

けれど、人間というのは、特に自らのパートナーとなるべく人に対しては、ない物ねだりをする傾向が否めません。

つまり、自分が憧れる長所ではなく、否定したい短所を持っている人は、なかなか好印象が持てないという事で、恋愛関係に発展する事が少ないとされています。

という事で、ツインソウルの見分け方としてはまず、ソウルメイトかどうかを確認するのが大事でしょう。
少なくとも、ソウルメイトであれば、初対面でも恐ろしいほどの懐かしさと親近感を感じます。
そして、それを感じた上で、相手の手を観察してみて下さい。

指先と爪の形はもちろん、手の平の肉付きまでそっくりだったらツインソウルの確率は一気に上昇します。
その手を握り、違和感が全くなければ、本格的に疑って見る価値ありです。身体に何かしらの衝撃が走るかもしれませんよ。


関連記事

コメントは利用できません。

Facebook

人気ブログランキング